会津藩武士に受け継がれてきた秘伝の精密整体技法

FrontPage

いにしえの技術が現代に蘇る!

精密整体技法「会津古伝整体術」

亜脱臼学~痛みの真相について

すべての関節の痛みはX線、MRIにも写らないわずかな関節のズレ、亜脱臼であります。

痛みの真相についてお話をさせて頂きます。この書簡を読む前に心のあり方を鎮め、「なにい!?」と見解を起こさず、この一大事因縁、すべての医学関係者のいままでのなんだかわからない迷いの根源を根こそぎ解決、痛みの原因、要点をハッキリさせるのです。

その要点とはなにか?

題に書いた全ての痛みは関節のズレによって起こるという事なのです。亜脱臼なのです。世界中のあらゆる医学関係者またはその医学学校、この一大事を全く知らず、ましてやこの関節を元の正し位置に整復、戻すことの正しい関節整復法の存在等本当に或ことを夢にさえ出てこないのです。経験者もなく当然であります。

全く考えもしないくらいわからんのです。

足関節が良い例です。全世界の医学関係者が捻挫と決めつけ、湿布、固定、テーピングこの域を出ず元の正しい位置に関節を戻せる人が誰もいないのです。
本当は足関節の亜脱臼であります。

また、スポーツ選手が良い例です。一般人でも同じでありますが、肩を壊した!これは本当は肩がわずかに前にはずれる亜脱臼であります。

また、サッカーをして膝関節の内側靭帯、半月板を損傷した!
これは真相は80%は脛骨が捻れ亜脱臼することが原因です。

あらゆる治療家にかかり、あらゆる治療法を経ても治らず、最悪の一番悪い手術を最終手段としています。

ですが、本当の無傷医学は絶対に手術してはならんのです。
あらゆる専門家、治療家にかかっていてもこの有様です。

正しい関節の整復法を知らんからです。はっきりしておるのです!

                           熊坂護記す

古伝の整体技法は驚くほど精密な整復技術であった

関節の痛みのほとんどはミリ単位のわずかな亜脱臼であることが多くみられます。

それを昔の武士や医師たちはわかっていたのでしょう。

その僅かなズレを矯正する精密な整体技法を残していました。

私がこの整体技法を学び、膝の整復技法を患者に施術したところ、あまりの効果に患者より私のほうが驚いたくらいです。

貴重な技術であり、また実践の場でも効果を発揮してくれる優れた技術です。

この技法を伝承しようという意志のある方は、ぜひともお申込みいただき「技」の継承者を募集しております。

本物の関節整復法の存在

その整骨院は栃木県宇都宮市に実在した整骨院です。
いまどきの電療機器は一切なく、小さな看板には「熊坂武術院」とだけかかれていました。

現代の整骨院とはかけ離れたイメージ、まるでタイムスリップしたかのような畳部屋だけの施術室、そこに熊坂護氏は柔道着に黒帯をしめて出迎えます。

まるで、人を寄せ付けない雰囲気の治療院です。
まず看板からして、そこを治療院だとは誰も思わない(笑)。

そんな熊坂氏は整復法伝承者にして柔術の師範でもあります。

治療院の雰囲気とは裏腹に熊坂氏の関節整復法には定評があり、県内外、ときに海外からも患者が訪れます。
施術は手技のみ、施術時間は約30分。自費診療のみで一律6000円。

乱暴、粗雑な施術でない証拠に患者はスポーツ障害の学生からお年寄りまで多岐にわたります。

そんな治療院で受け継がれていたのが会津藩伝承の関節整体術です。

無比の技術を修得し、生き残れる施術家へ!

熊坂氏はかつてJOCの強化スタッフコーチとして体操、柔道、ソフトボールのオリンピック選手の施術にあたったこともあり、最近では甲子園選手の施術も多くみられます。

スポーツ選手にとって嬉しいのは、「熊坂武術院にくると1回で治るので、練習や試合を休まなくてすむ」こと。

氏によれば、陳旧化しているものは回数を要するが、新鮮例では1~3回の施術で治るといいます。

実際に腰の痛みを訴えて来院した高校野球の選手への施術を見学したときの様子です。
手による触診で仙腸関節のずれを確認、手技で関節を元の位置にググッと押し込んでいきます。
その後、その周辺の股関節、第4,5腰椎の整復、施術後、腰の痛みの自覚症状はとれていました。

私も施術していただきましたが、整復手技に痛みはありません。

実際に施術を受けてみると、ずれた関節が収まるべきところに収まっていくという感じで心地よいものです。

氏が言うには、
「日本には古くからの正しい関節整復法があるにもかかわらず、電気や器械に頼り、保険診療の範囲内でやっているいまの整体、整復師にはその技が伝えられていない。非常に残念でもったいない」

「関節の痛みは、X線やMRIにも写らないほどのわずかな関節のズレ、亜脱臼が原因のことが多い。正しい整復法を修得すれば、すばやく、根本的に治せるのに」

「ただ、この技を修得するには身をすり減らす覚悟で立ち向かわないと難しい。教外別伝、不立文字の世界です。自分で会得するしかない」

会津藩伝承の御殿医術、古伝関節整復法

このサイトは日本古流の関節整復術の世界を紹介するサイトです。

日本古来の伝承整復術は日本が世界に誇れる精密な整復術ですが、現在ではその技術を伝承している先生も少なくなってしまいました。

栃木県宇都宮におられる熊坂護先生は、江戸時代の古流技法をそのままに継承されている先生の一人です。
画像の説明画像の説明
熊坂護先生
柔道整復師、アテネ五輪日本チーム正式トレーナーにして大東流合気柔術師範。日本の古式整体術の伝承者。

古伝の技法を一部公開します

この動画で公開されている技は、あえて古伝のままの姿を公開してあります。
現代には若干合わない部分もありますが、古伝の息吹を感じていただこうと思います。

※本講座でお伝えするのは、現代に合うように改変したものと、同時に古式そのままの技法も併せてお伝えさせていただきます。

では以下、動画をご覧ください。

整復道具

日本手拭いと竹ベラ一式のみというシンプルな道具を使用します。
手拭いは整復時に使う必須のアイテムですが、竹ベラも重要です。

整復には筋肉の緊張が緩んでいなければなりません。
まず竹ベラを使って、細かい筋肉の緊張をとります。

そして整復を成功させるのです。
画像の説明
伝承の竹ベラ

熊坂先生が、竹べらがないと整復はできないと言われるほど、重要な技術です。

武士の関節整復術

画像の説明
(柔道の古賀選手を施術する熊坂師範。奥にみえるのは山下泰裕選手)

我が国が生んだ正しい日本伝の関節整復法。関節が外れた状態の脱臼、関節のわずかなズレである亜脱臼。これらの傷害を治療するには関節の位置を正しく整復するのがもっとも効果的で本質的な治療法です。

たとえば、膝痛の場合、現代医学などでは膝関節靭帯損傷、十字靭帯断裂、または半月版損傷と診断されるものがあります。しかし、その実体もしくは原因は、膝関節のずれ、私の言う亜脱臼の場合がほとんどです。外力により膝関節がずれ、その結果靭帯が損傷したのであれば、関節のズレを治してから靭帯の損傷を直さないと、治療に時間がかかり、再発もしやすくなります。関節のズレを治してしまえば、靭帯の損傷も治りやすくなります。

肘、肩、腰、すべての関節の痛みも、関節のズレを治すことによって、非常に早く回復します。痛めてから治療するまでの時間が短いほど効果的です。

この日本伝節整復法の存在をすべて知っている人は非常に少ないのです。まさに、この事を知る者稀なり、です。

また、この日本伝関節整復法は入門し、実地に修行しない限り習得できません。伝えることができません。
教外別伝、不立文字、であります。
 
ごめんなさい。
通常、早く完治するので、時間をかけて治したい方には向きません。

治療の性質上、ほとんど痛みはありません。痛いほうが良いという方には向きません。

恩師は渡辺一先生です。この方の下で10年ほど修行しました。
会津藩御殿医であった方の柔術の秘伝を伝えられた中興の祖とも言うべき方の最後のお弟子さんでした。

あなたも幻の技法の伝承者となる

この技法を伝承していくのは我々の義務と考えています。あなたもその一員となり、伝統の継承者となりましょう。

実技講習生 入門料50万円(永年です。これ以上の費用はかかりません)

※実技講習生の募集は終了いたしました。

通信講座のみ募集します。

講習費用は48000円です。

お申込みはこちらへ

a:13993 t:7 y:12

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional